FC2ブログ
東京で暮らすか ①
たみおは、ある料理家のレシピ本を集めていて、
本当はたみおが欲しかった本なんだけど、
いくらちゃんにその本で是非実践して欲しいと思ったので、
プレゼントすることにした。

自分の分もあわせて買おうかと思ったけど、
そのうちいつでも見れるかも知れないと思って、
昨日、1冊だけ買って、
プレゼント用にラッピングをしてもらった。

(これで料理して、たまには両親をもてなしてほしいなぁ。)

って、本当は会うときまでプレゼントも内緒にしておきたかったのに、
今日電話で話しちゃったよ...プレゼントすることがうれしくてねぇ。
意味ないわぁ。



さて、1月のデートの話。

イクラちゃんと電気屋さんで必要なものを買うため、
新宿で待ち合わせをした。


これは、2人のラブ度に比例するものでもあるのだが、
そんなこと言っていられないくらいに、
結構な金額になってしまった携帯電話の通話料。

これを解消するため、電気屋へ。
たみおは機種変更しようかと思ったけれど、
(iPh○ne欲しいし。)家庭の事情で断念。

そこで、通話料無料の携帯電話を買い足した。
イクラちゃんと2人の専用回線。

(これで安心して長電話ができるのだ!!)


合流したのが夕方前だったので、
早速泊まるホテルに向かう。

今回泊まるホテル。
たみおが通勤時にいつもそのホテルの前を通っていて、
寂れた古ーいホテルが、
思いっきりオシャレなデザイナーズホテルに変わっていたので、
ずーっと気になっていた。

ここぞとばかりに、
そのホテルをイクラちゃんに予約してもらって、
(しかもバルコニー付の部屋に)泊まることが出来た。

(イクラちゃんと一緒だから、さらにうれしい。)

チェックイン後、部屋でのんびりタイム。
PCを持っていっていたたみおは、ネットをしていた。
至急、要返信のメールが来ていたので、ちょろっと返信していた。


イクラちゃんはオーディオの音楽と一緒に、大きい声で歌っていた。

しばらくして、イクラちゃんは待ちきれなくなって、
たみおのそばと、ベットを行ったり来たりしていて、
しまいには泣き出しそうな顔をしていた。


(今考えれば、そんなの翌日に家に帰ってからでも良かったのに...。
いくらちゃん、ラブな時間に放置してごめんね。)


あーもぉ。仕方ないなぁ。と言わんばかりに、
たみおはイクラちゃんのいるベットに横になった。

さて、ここからがさらにラブな時間。
お預けを食らっていたイクラちゃんは、
「食べてよし」と言われた犬のようになっちゃった。

(イクラちゃんのこういうところが、単純でかわいい~の。)


どれほどの時間が経過したのか、途中で寝てしまったりして、
わからなくなってしまった。

(ルームサービスで軽く晩ご飯は食べたけどね。)

気付いたら、朝を迎えていた。




スポンサーサイト



comment:0   trackback:0
[デート
comment
comment posting














 

trackback URL
http://tamio333.blog65.fc2.com/tb.php/117-849eb853
trackback